カテゴリー別アーカイブ: コンテナハウスのアレコレ

サウナ × コンテナハウス

Type:containerspa & sauna

Designer:S.Katanabe

 

ColorCode:Blackcolor

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

新規事業に挑戦するツールとしてコンテナハウスを採用。

コンテナハウスを活用してオシャレなコテージとオシャレなサウナを計画。

サウナとスパを併設することで集客率の向上とアイキャッチに!

コンテナハウスを活用した開業という方法を提案します。

当然将来の増設や移設に対応もし易い、可変性を持った建築物。

コンテナハウスはそんな将来設計に対応できるハイブリッドな建築ジャンルになりつつあります。

>>コンテナハウスでのご計画の相談は>>>>

エスト・イノベーション株式会社

☏ 0120-31-4696

✉ info@est-i.net

ドッグラン&カフェ × コンテナハウス

みなさんおはようございます。

もうすっかり夏模様ですね・・・なんたって暑い^^;

コンテナハウスは鉄板の塊なので当然暑さとの闘いになりますが、ご計画の際にはきちんと断熱計画を検討してくださいね!

 

先日より取り掛かっておりますプロジェクト、ついにコンテナを搬入です。

こちらの案件は、ドッグランカフェをテーマにしたコンテナハウスpj♪

無事にコンテナハウスくんが旅立って行きました^^

今回は計4本のコンテナハウスでの計画です。

何故か僕のご提案は黒色や白色の提案が多くなります(笑)

現在進行中の他のpjも黒色が殆どですね(笑)

 

このコンテナハウスがどのように変化を遂げるのか、今後が楽しみなpj案件です♪

また現場の状況を随時お送りします^^

 

弊社では、コンテナハウスに関してのご相談を随時お受け致しております。

・コンテナハウスってどんなの?

・お金のことは?

・うちの敷地に建てられるの?

コンテナプールって?

コンテナハウスでアパート??

・コンテナハウスのデザインは?

などなど、何でもご相談ください。

弊社モデルハウスで実物を観て頂きながらご相談頂けるコンテナサロン、

完成予想イメージを明確にする3Dパースなど皆さんの

『解りにくい』を解消して参ります。

 

また、一緒にコンテナハウスの世界を革新していける仲間を募集しています。

まだまだ未開の地が多いコンテナの世界、無限大の可能性を一緒に見つけませんか?

こちらのフォームからお申し込みください↓↓

https://www.est-i.net/recruit

 

■■■■■ コンテナハウスのご相談は ■■■■■

エスト・イノベーション株式会社

(EST INNOVATION Co,.Ltd.)

岡山県倉敷市東富井831番地3

☎0120-31-4696

info@est-i.net

山奥pj×コンテナハウス

Type:containershop…etc…

Designer:S.Katanabe

ColorCode:Blackcolor

【Yamaoku no Yousai】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

新規事業に挑戦するツールとしてコンテナハウスを採用。

イメージしたのは山奥にある要塞。

コンテナハウスの無骨さと頑丈さをいかんなく発揮するデザインで、

オフィスとお店を併用させました。

コンテナハウスを活用した開業という方法を提案します。

当然将来の増設や移設に対応もし易い、可変性を持った建築物。

コンテナハウスはそんな将来設計に対応できるハイブリッドな建築ジャンルになりつつあります。

>>コンテナハウスでのご計画の相談は>>>>

エスト・イノベーション株式会社

☏ 0120-31-4696

✉ info@est-i.net

コンテナハウスで新規事業についての考察

ご無沙汰しております。

最近めっきり更新が疎かになってました。

ですがこの潜伏期間で新規事業展開を果たしました。

『日本酒とワインバー』をオープンしました!

とは言えこのコロナ禍で岡山県内は蔓延防止期間ですが酒類の提供が全面禁止です・・・

緊急事態が明けたらを睨みながらオープン準備をした身としては何ともやるせないですね(笑)

 

この新規事業、色々な変化や肉付けをしながらですがずーーーっとやりたかったことです。

今後一年の間でもう3種の新規事業を展開していく予定です。

今日は新規事業への想いと既存の事業への展望を記載してみます。

長く長くなるのでご興味ない方はここでページを戻ってくださいね^^笑

 

まずは新規事業の飲食事業については、実は9年前の創業当初からいつかやりたいいつかやりたいと夢に見てました。

元々はコンテナを融合したカフェ事業の構想を描いていたのですが順番としてはBar事業が先行したという形です。

色々な想いや理由が有りますが大きな理由は、

・カッコイイと惚れたコンテナにもっと多くの人の目を向けたい

(コンテナハウスがカッコいい)

・月単位年単位の仕事柄、一日単位の事業を構築していきたい

(経営の健全化)

・僕自身がコンテナ屋という枠で固まりたくない

(常にワクワクしてたい)

という想いからです。

これは8年前の起業当時から言ってきたことです。

Bar事業が先行したのは、世の中の流れと自分の趣味趣向が年々変化していくからですね(笑)

ですがBar事業が叶った最中、すでにカフェ事業の展開が始まっております。

早ければ今年度にも店舗展開を目指して動いています。

もちろんコンテナハウスを活用してですね^^

 

2つ目にコワーキング事業もカフェ事業と並行して計画に入っているものです。

これもカフェ事業と同時並行なので今年度中を目指しています。

コワーキング事業の大きな理由は、「創業期にある方が様々な人と繋がることでもっと豊かな発想を」という理念です。

僕はよく言う人脈という言葉は好きではありません。なんだか薄っぺらく聞こえてしまいます。

言葉尻よりも本当に苦楽を共有できる人が1人2人いることが大切だと思っています。

ですが事業をするうえでたくさんの人の考えに触れて、自身に合った部分を吸収して咀嚼していくことはとても重要なことです。

僕は起業当時、上記のような考え方から相談相手も何も作らないまま自分の感覚だけでスタートしてこれまで進んで来てしまいました。

ですがその中で自分の考えとは違う人の発想や感性は本当に重要なことだという事も実感してやって来ました。

僕の起業時が成功か失敗かは判りませんが、これから創業期を走っていく方のきっかけが一つでも作れる場所になれば僕の無謀な突っ走り経営も役に立てるのかな?という考えからです。

 

3つ目は詳細はまだ明かせませんが大きな括りで、「観光・地域創生事業」です。

これはこれから1~2ヵ月をかけてPJの事業内容を組み立てていくものですが、この事業はまさに上記で記載した「人の発想や感性」から始まった話です。

市場規模もかなり大きなものになるので僕一人の力ではどうすることも出来ません。

人に頼り、人の考えを理解し、人を信じることから始めていくことになります。

ですが、Bar事業でも記載した、

———————————-

・カッコイイと惚れたコンテナにもっと多くの人の目を向けたい

(コンテナハウスがカッコいい)

・月単位年単位の仕事柄、一日単位の事業を構築していきたい

(経営の健全化)

・僕自身コンテナ屋という枠で固まりたくない

(常にワクワクしてたい)

———————————-

という想いとリンクする事業です。

結局は僕がその構想にワクワクして楽しさを感じるから共感することです。

 

この一年ちょっと、会社としては本当に色々な窮地を経験してきました。

組む人間を間違えてはならないという教訓が身に沁みます・・・

正直、過去最大級の後悔と屈辱とちょっとだけ怒りを経験した年でもあり、今会社が存続していることが不思議でもあります(笑)

だからこそ、今後10年の会社のあるべき姿をずーーっと考えました。

これまでやって来たことに誇りを持ち自身を持って進むと同時に、会社は常に挑戦し変化していくものだと考えます。

もちろん変えてはいけない核の部分はきちんと持っていることが重要ですが・・・変化を恐れて旧態依然としていくことが一番の退化なんだと実感しました。

 

もし今後創業起業する方の一助になるならば、夢を持って今後を見据えてそこへ向かっていくことをお勧めします。

夢を持って諦めないことで、その夢が今度は目標になります。

今後を見据えることで、今の迷いから一歩踏み出す勇気が持てます。

夢に向かうことで、様々なアイデアを産むことに繋がります。

これらは自分にしかできない事で他人が操作できるものではありません。

自分を信じることで次のステージが見えてくると思うし、僕自身はそう信じてやってきて少しずつですが実感しています。

新規事業達に関しては、もっともっと思慮深く色々なアイデアを盛り込んでいくので、今後どこかでご縁があった方はヒント下さいね^^

 

今日は長々と展望を描いてみました。

Barに関しては今後情勢を見ながらスタートしますのでお楽しみに(笑)

 

コンテナハウス 売れてます!

みなさん、おはようございます^^

オリンピックが終わり、また世の中の話題はコロナ蔓延に向いています。

本当に世の中の経済が停滞しており、大変な時期になりますね。

お盆休みになりますが、みなさん自粛ムードが強い様で何とかならんか・・・という状況です。

 

そんな状況だからなのか、コンテナハウスで趣味部屋をというお話しが多く寄せられてきます。

お家の庭先に子供が遊べる部屋を造りたい!

自分時間の為に落ち着ける空間を造りたい!

など、如何にしてお家時間を楽しむかに焦点が当たっているのが解ります。

こんな時代だからこそ、時間の使い方に目を向けてみませんか?

ESTのコンテナハウスは、ロゴや好きな写真を壁紙にしたり、オリジナリティあるちょっと変わった一工夫ができますよ^^

 

弊社では、コンテナハウスに関してのご相談を随時お受け致しております。

・コンテナハウスってどんなの?

・お金のことは?

・うちの敷地に建てられるの?

コンテナプールって?

コンテナハウスでアパート??

・コンテナハウスのデザインは?

などなど、何でもご相談ください。

弊社モデルハウスで実物を観て頂きながらご相談頂けるコンテナサロン、

完成予想イメージを明確にする3Dパースなど皆さんの

『解りにくい』を解消して参ります。

 

また、一緒にコンテナハウスの世界を革新していける仲間を募集しています。

まだまだ未開の地が多いコンテナの世界、無限大の可能性を一緒に見つけませんか?

こちらのフォームからお申し込みください↓↓

https://www.est-i.net/recruit

 

■■■■■ コンテナハウスのご相談は ■■■■■

エスト・イノベーション株式会社

(EST INNOVATION Co,.Ltd.)

岡山県倉敷市東富井831番地3

☎0120-31-4696

info@est-i.net

コンテナハウスを建てさせない考え

おはようございます^^

コンテナハウスについて打ち合わせを行う際、

「まだ家を建てるというイメージがしっくりこない」というお声がよくあります。

例えば、

・本当に家を建てて負債(ローン)を抱えて良いのだろうか?

・夫婦間での考えが共有しきれていない

・自分の収入で返済してくことが可能なのか?そもそもローンが組めるのか?

などなど、、、

 

コンテナハウスに限らず、家を買う、家を建てるという事はそれを手伝ってくれる事業者(担当者)が必要です。

様々な担当者が存在し、様々な会社が有り、様々な話がある。

選択肢がたくさんあるわけですが、どんな担当者やどんな話と向き合うにしても自分の中で家に対しての価値観が明確になければなりません。

昨今は家のミニマム化で、アパートの賃料を払うくらいなら月々○○万円で返済が出来るからこの家建てた方がお得ですよ~、という話も良く聞かれます。

もちろん月々のランニングコストと比べることは大切なこと!

でもそれだけで気軽に買い物をしている人たちも多くおられます。

家を建てさせることが目的の事業者や担当者の方に巡り合うと家を買わされます。

家を建てるという事についてきちんと理解してもらうことを目的とした事業者や担当者に巡り合うと家の事をきちんと考えさせられます。

結果、あなたの暮らす家の事を充分に考える時間を取らなければ何も前進してくれません。

あなたが望むのはどちらの選択ですか?

しっかりと必要な時間を割いてご自身の家に対して検討してくださいね^^

 

 

 

コンテナハウスで革命を起こす!

「ボックスパーク・ショーディッチ」はイギリス・ロンドンにあるショッピングモールです。
このショッピングモールにあるショップも全てコンテナハウスでできています。

モール内で店舗の移動が必要になったときにお店の人がやることは商品を固定しドアを閉めるだけ。あとはクレーンが簡単に移動をしてくれるほど、柔軟性に富んでいます。

 

2011年12月に開店したボックスパーク。案内サイトを読んでみると、「ここは世界初のポップアップモール」「小売業界に革命を起こす!」と説明があります。

たしかに業界にはポップアップショップという言葉があるそうで、普通は数日から数カ月間だけ実験的に出すお店を指します。ボックスパークは、「ポップアップショップがいっぱい集まっているから、ポップアップモール」なのだそう。

さらに「革命を起こす」という言葉にも惹かれます。まさにイノベーション!

「ふつうのモールに出ているような有名店じゃないお店を呼びたい」といった説明もあり、どんなテナントがあるのかますます気になります。

 

さらに上層階に上がってみると、ここももちろんコンテナで出来ています。

1階のコンテナの屋根に当たる部分をビヤガーデンのようにパブのオープンスペースに当て、ここで外を眺めながらのんびりお酒が楽しめるようにしてあるのです。

これこそ僕がやりたいことの一つ!!

開放的で自由な空間がコンテナハウスの屋上に眠っている。

今詰めている新規プロジェクトでもこの風景を表現したいです^^

 

今日は海外のオシャレなポップアップモールのご紹介でした^^

 

弊社では、コンテナハウスに関してのご相談を随時お受け致しております。

・コンテナハウスってどんなの?

・お金のことは?

・うちの敷地に建てられるの?

コンテナプールって?

コンテナハウスでアパート??

・コンテナハウスのデザインは?

などなど、何でもご相談ください。

弊社モデルハウスで実物を観て頂きながらご相談頂けるコンテナサロン、

完成予想イメージを明確にする3Dパースなど皆さんの

『解りにくい』を解消して参ります。

 

また、一緒にコンテナハウスの世界を革新していける仲間を募集しています。

まだまだ未開の地が多いコンテナの世界、無限大の可能性を一緒に見つけませんか?

こちらのフォームからお申し込みください↓↓

https://www.est-i.net/recruit

 

■■■■■ コンテナハウスのご相談は ■■■■■

エスト・イノベーション株式会社

(EST INNOVATION Co,.Ltd.)

岡山県倉敷市東富井831番地3

☎0120-31-4696

info@est-i.net

 

 

 

コンテナハウスの断熱とは??

よくあるご質問に、「コンテナハウスの断熱材って?」という内容が有ります。

コンテナハウスはなのもしないと当然熱い鉄の箱ですが、きちんと断熱材を施工することできちんとした居住性を確保できます。

写真はウレタン吹付断熱材を施工した写真です。

外壁は鉄板なのですが、このように内部に断熱材を施工することで快適に暮らせます。

断熱材も、発泡系や繊維系など様々な種類が有りますが、気密性の高い発泡系断熱材がお勧めです。

ご計画やご予算に合わせてご検討ください。

 

弊社では、コンテナハウスに関してのご相談を随時お受け致しております。

・コンテナハウスってどんなの?

・お金のことは?

・うちの敷地に建てられるの?

コンテナプールって?

コンテナハウスでアパート??

・コンテナハウスのデザインは?

などなど、何でもご相談ください。

弊社モデルハウスで実物を観て頂きながらご相談頂けるコンテナサロン、

完成予想イメージを明確にする3Dパースなど皆さんの

『解りにくい』を解消して参ります。

 

また、一緒にコンテナハウスの世界を革新していける仲間を募集しています。

まだまだ未開の地が多いコンテナの世界、無限大の可能性を一緒に見つけませんか?

こちらのフォームからお申し込みください↓↓

https://www.est-i.net/recruit

 

■■■■■ コンテナハウスのご相談は ■■■■■

エスト・イノベーション株式会社

(EST INNOVATION Co,.Ltd.)

岡山県倉敷市東富井831番地3

☎0120-31-4696

info@est-i.net

自宅の庭先にコンテナハウス

Type:containeroffice

Designer:S.Katanabe

ColorCode:Blackcolor

【自宅の庭先で開店開業×コンテナハウス】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

コンテナハウスの考え方の一つに、

『小さく始めて大きく育てる』という概念が有ります。

まずご自宅の庭先でコンテナハウスを活用したミニマム開業!!

ミニマムと言っても粗悪品ではいけません。

満足感や独自性やデザイン性など、飽きの来ない計画を実現してもらいたい!

コンテナハウスを活用した開業という方法を提案します。

 

当然将来の増設や移設に対応もし易い、可変性を持った建築物。

コンテナハウスはそんな将来設計に対応できるハイブリッドな建築ジャンルになりつつあります。

>>コンテナハウスでのご計画の相談は>>>>

エスト・イノベーション株式会社

☏ 0120-31-4696

✉ info@est-i.net